2016年大学入試センター試験英語第3問B ③問2スラッシュリーディング

この記事では、2016年大学入試センター試験英語第3問Bの問2をスラッシュリーディングします。 2016年第3問Bここまでの記事→①問1スラッシュリーディング、②問1解説 ■ 問題 2016年大学入試センター試験より B 次の問い(問1~3)のパラグラフ(段落)には、まとまりよくするために[取り除いた方がよい文]が一つある。取り除く文として最も適当なものを、それぞれ下線部{1}~{4}のうちから一つずつ選べ。 問2[ 30 ] Trial and error, an approach used in science, is often found in daily life. It can be observed when people do not feel well. They may already have a list of treatments they have used before. They can also consult a medical book or check the Internet for new treatments. They may decide to use any one of the treatments. {1}[If the treatment does not improve the condition, they try another one.] {2}[They are concerned about…

続きを読む

2016年大学入試センター試験英語第3問B ②問1

この記事では、2016年大学入試センター試験英語第3問Bの問1を解説します。 2016年第3問Bここまでの記事→問1スラッシュリーディング ■ 問題 2016年大学入試センター試験より B 次の問い(問1~3)のパラグラフ(段落)には、まとまりよくするために[取り除いた方がよい文]が一つある。取り除く文として最も適当なものを、それぞれ下線部{1}~{4}のうちから一つずつ選べ。 問1[ 29 ] Students in Japan are now engaging more in practical activities and less in memorization of facts in class. Students are learning scientific principles through actual experience. {1}[They do well in science in comparison with other students around the world.] {2}[They build electric motors using everyday goods, such as wire, magnets, and paper clips. {3}[They make ice cream by hand with salt and ice.] {4}[Students say that they like the…

続きを読む

2016年大学入試センター試験英語第3問B ①問1スラッシュリーディング

この記事では、2016年大学入試センター試験英語第3問Bの問1の英文をスラッシュリーディングします。 前回の記事→第3問A解答一覧と全文訳 ■ 問題 2016年大学入試センター試験より B 次の問い(問1~3)のパラグラフ(段落)には、まとまりよくするために [取り除いた方がよい文]が一つある。取り除く文として最も適当なものを、 それぞれ下線部{1}~{4}のうちから一つずつ選べ。 問1[ 29 ] Students in Japan are now engaging more in practical activities and less in memorization of facts in class. Students are learning scientific principles through actual experience. {1}[They do well in science in comparison with other students around the world.] {2}[They build electric motors using everyday goods, such as wire, magnets, and paper clips. {3}[They make ice cream by hand with salt and ice.] {4}[Students say that they like…

続きを読む