夏休みのセンター過去問の取り組み方。わからない語句や文法事項を見つけよう!

もう少しで夏休み。ということで、大学受験生は、そろそろセンター試験の過去問を入手しておくと良い時期です。 2019年「赤本」英語2019年「青本」英語 夏休みに入ったら、まずは1年分やってみて、現時点でどの程度得点できるか、自分の現在地を確認してみると良いです。 実際の試験時間と同じ時間で、ちゃんと時間を計ってやってみるのがオススメです。 時間が足りずまだ取り組めなかった問題があっても、規定の時間になったらそこで終了して、すぐに答え合わせをします。 本番と同じ条件で解いたら、得点は何点で、何がどのくらいできるのかを把握するようにしましょう。 答え合わせをするときは、単に正解・不正解を確認するだけでなく、英文の内容や文法事項を確認することも忘れずに! 答え合わせをした後、時間が足りなくて解けなかった問題があれば解いてみます。 時間があれば正解できたのか?時間があってもできなかったのか?を確認します。 そしたら勢いに乗って、そのまま10年分をやり尽くして・・・というのはやめた方が良いです(笑) それよりも、わからなかった語句を覚えたり、使えなかった文法事項をマスターすることを優先してください。 弱点をそのままにして別の年の過去問をやっても、また同じ語句がわからないから解けない。ということになりかねません。 センター試験はどの年度のどの科目でも基本的に、高校で習得すべき広い範囲をカバーする問題になっています。 現時点で解けない問題があれば、その分…

続きを読む

2015年センター英語第2問C 問2

この記事では、2015年大学入試センター試験英語第2問Cの問2を解説します。 2015年センター英語第2問Cここまでの記事→問1 2019年「赤本」英語2019年「青本」英語 ■ 問題 2015年大学入試センター試験より 第2問 次の問い(A~C)に答えよ。 C 次の問い(問1~3)の会話の[ 24 ]~[ 26 ]において、二人目の発言が最も適当な応答となるように文を作るには、それぞれ(A)と(B)をどのように選んで組み合わせればよいか、下の{1}~{8}のうちから一つずつ選べ。 問2 Elena: I'm so relieved you're here. The plane is leaving in 40 minutes.    Yuko: I know! [ 25 ] [(A) Thanking / (B) Thanks to] →[(A) John driving me here, / (B) John drove me here,] →[(A) I would be in time. / (B) I'm in time.] {1} (A)→(A)→(A)  {2} (A)→(A)→(B)  {3} (A)→(B)→(A)   {4} (A)→(B)→(B)  {5} (B)→(A)→(A)  {6} (B)→(A)→(B)   {7} (B)→(B)→(A)  {8} (B)→(B)→(B) ※マーク…

続きを読む