2018年センター英語第6問 ⑰解答一覧と(5)の和訳

この記事では、2018年大学入試センター試験英語第6問の解答一覧と本文(5)の和訳を掲載します。


2018年センター英語第6問の解説→①(1)をスラッシュリーディング②(2)をスラッシュリーディング③問1の解説④(3)をスラッシュリーディング⑤問2の解説⑥(4)をスラッシュリーディング⑦問3の解説⑧(5)をスラッシュリーディング⑨問4の解説⑩(6)をスラッシュリーディング⑪問5の解説⑫Bの解説
和訳→⑬(1)の和訳⑭(2)の和訳⑮(3)の和訳⑯(4)の和訳




2019年「赤本」英語2019年「青本」英語


■ 問題

2018年大学入試センター試験より

第6問 次の文章を読み、下の問い(A・B)に答えよ。なお、文章の左にある(1)~(6)はパラグラフ(段落)の番号を表している。

(5) In the late 19th century, machines that used the newly discovered X-rays revolutionized the way in which we looked at things. Rather than seeing only the surface of an object, we gained the ability to look into it or through it, bringing the inner elements of many things into our range of view. This capability proved practical in the workplace, useful in laboratories and museums, and instructive in universities. One of the most important applications was in medicine. Doctors often had difficulty diagnosing illnesses or finding problems inside the body. X-rays allowed them to look into their patients, identify where there were problems, and cure them. This use of X-rays brought new understandings and methods for diagnosis and treatment.


■ センター英語を題材とした英文法問題集

仮定法や関係詞、分詞構文など、みんなが苦手とするあの分野も、手軽に効果的に練習できます!
英文は主に実際のセンター試験の問題から取り出しているので、最重要ポイントの練習と同時に、センターレベルの語句の練習にもなります。






■ 解答一覧

[46]=4,[47]=2,[48]=1,[49]=1,[50]=2,[51]=4,[52]=2,[53]=3,[54]=1


■ 全文訳(基本的に直訳ですが、一部意訳しています)

(5) 19世紀の終わり頃、新しく発見されたX線を使った機械は、私たちが物を見る方法を激変させました。物体の表面だけを見るというよりも、内部を見たり、透過して見たりする能力を得て、多くの物の内部の要素が私たちの視野に入りました。この能力は職場で実用的で、研究所や美術館で役に立ち、大学で教育に有用だと明らかになりました。最も重要な応用の一つは、医療分野です。医者は病気の診断や体内の問題を見つけるときにしばしば困難があります。X線は患者の体内を見てどこに問題があるか識別し、治療することを可能にしました。このX線の使用法は診断と処置の新しい理解と方法をもたらしました。


次の記事→⑱解答一覧と(6)の和訳

トップページ


【高校英語】過去問攻略!センター英語
http://www.mag2.com/m/0001641009.html

2018年第6問はvol.578で解説しています。一部の記述をこのブログでは変更している場合があります。
この記事の内容を含むメルマガが今後配信される可能性があります。ご了承ください。
語句コーナーはメルマガだけの掲載となります。1回にまとめてご覧になりたい方は、該当する回を含む月のバックナンバーをご購入ください。


中学レベルの英語から復習したい人にはコレもオススメです!



-----------------------------
 20年以上の実績。全学年、英・数・理をはじめ全教科対応
 かかる費用は授業料と教材費(実費)のみ!生徒募集中です!

プロ家庭教師の江間です。     AE個別学習室
http://www.a-ema.com/k/      http://www.a-ema.com/j/
-----------------------------

この記事へのコメント