2018年大学入試センター試験英語第5問より[The nearby planets were...]★不定詞を使った熟語

2018年大学入試センター試験英語第5問より、1文をピックアップして解釈します。

◆今回の英文
The nearby planets were either too hot or too dry to support life, but this planet seems to be different.





2019年「赤本」英語2019年「青本」英語

=============== お知らせ ===================

茨城県水戸市、常陸太田市、東海村の個別指導教室
「AE個別学習室(えまじゅく)」では、生徒募集をしています。

1クラス4人までの少人数で、経験豊富なプロ講師の授業が受けられます。
女性講師も指定可能です。対象は小学生~高校生・浪人生。
1回の授業では、基本的に英語または数学の1教科を集中的に指導します。
1:1の授業をご希望の方への特別コースもご用意しています。

東海村教室では、全国大会経験者による指導が受けられる卓球教室の生徒も
同時募集しています。

興味をお持ちの方は、まずは mm@a-ema.com までお問い合わせください。

家庭教師・塾のサイトと連絡先はここ → http://www.a-ema.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆文法事項
「too ~ to do」の構文は「to doするにはあまりに~すぎる」→「あまりに~すぎてto doできない」という意味を表します。
「seem to do」で「to doするように見える」も、高校レベルとしては基本的な表現ですね。


センター英語を題材とした英文法問題集は→江間淳の英語の書籍


◆スラッシュリーディング
The nearby planets / were either / too hot or too dry
/ to support life, / but / this planet seems / to be different.
近くの惑星は / ~のどちらかだった / 暑すぎるか乾きすぎるか
/ 生命が存在するには / しかし / この惑星は~に見える / 違っている


◆和訳
近くの惑星は、生命を維持するには暑すぎるか乾燥しすぎていましたが、この惑星は違っているように見えます。


※スラッシュリーディングの区切り方、和訳はあくまで一例です。ここに示した区切り方や和訳が唯一の正解ではありません。

ご意見・ご質問・お問い合わせは、以下のURLよりお願いします!

-----------------------------
 20年以上の実績。全学年、英・数・理をはじめ全教科対応
  最高級の指導を提供します。生徒募集中です!

プロ家庭教師の江間です。     AE個別学習室
http://www.a-ema.com/k/      http://www.a-ema.com/j/
-----------------------------

この記事へのコメント