留学するならTOEFL

今年度の生徒の中には、海外の大学への留学または進学を考えている生徒がいます。
今までも何人か同様の生徒がいました。
本格的な留学には、TOEFLのスコアが一定以上必要な場合が多いです。
「じゃ、受けてみよう」と、無策で受けてもあまり良い結果は得られません。
まずは以下のようなテキストで、TOEFLとはどんなテストなのかイメージをつかむと良いと思います。


当然のことながら、オフィシャルのテキストは外れがありません。
TOEFLの指導を行っている塾等では、基本的にコレを使っていると思います。




オフィシャルのテキストが、「英語ばかりで少しハードルが高いな~」という人は、日本語でいろいろ説明されている以下のようなテキストを使ってみると良いかも知れません。





えまじゅく/プロ家庭教師の江間では、TOEFLの受験対策も行っています。
メール添削も可能ですので、興味をお持ちの方はお気軽にご連絡ください。

この記事へのコメント