本日配信のメルマガ。2013年センター英語第3問C 説明文

本日配信のメルマガでは、2013年大学入試センター試験英語第3問Cを解説します。


【高校英語】過去問攻略!センター英語
http://www.mag2.com/m/0001641009.html


■ 問題

第3問 次の問い(A~C)に答えよ。

C 次の文章の[ 32 ]~[ 34 ]に入れるのに最も適当なものを、それぞれ下の
{1}~{4}のうちから一つずつ選べ。

The United States is a vast country. From the East Coast to the West
Coast, there are four different time zones. In addition, many parts of
the country observe daylight saving time(DST) as well. In areas that adopt
DST, the clock is moved one hour forward for the summer. Thus, the local
time varies across different areas of the country, depending on which time
zone the area is in and whether DST is adopted.

The state of Indiana, shown in the map below, is known for its [ 32 ].
For decades, both the Eastern Time Zone and Central Time Zone have
existed within the state. Many areas in the state have switched back and
forth between Eastern Time and Central Time. Furthermore, until very
recently, policy concerning DST differed from one place to another. Most
areas in the Eastern Time Zone did not adopt DST, and the time stayed the
same throughout the year; while in other areas, where DST was adopted, the
clock was moved forward by one hour for the summer. In 2006, however, the
entire state started to observe DST.

(ここでは図は省略します)

Some have argued that the time system in Indiana [ 33 ]. For example, a
company in Indiana once scheduled a phone conference with companies in
other states. When the meeting started, only half of the out-of-state
participants were on the line. This was because the participants who
missed the conference did not know in which time zone the company was
located.

It is not easy to resolve this issue because being in a particular time
zone has important consequences for Indiana residents. Local businesses
may benefit from being in the Eastern Time Zone where the financial center
of the entire country, Wall Street in New York City, is located.
Meanwhile, this may not be convenient for residents in the western parts
of Indiana who commute to major cities in the Central Time Zone, like
Chicago, just across the state border.

The controversy over time in Indiana was partly resolved in 2006, when
the entire state started to observe DST. [ 34 ] This debate may continue
as long as people living in different parts of the state have different
needs.

[ 32 ]
{1} complex time system that has been changed many times over the years
{2} convenient time system that has attracted new businesses to the state
{3} flexible time system that allows workers to choose their own working
hours
{4} traditional time system that is a good model for the rest of the
country

[ 33 ]
{1} discourages communication between government and businesses
{2} harms local businesses working with companies outside of Indiana
{3} is understood and accepted by companies in other areas of the country
{4} strengthens relations among businesses in the state and those elsewhere

[ 34 ]
{1} However, residents agree that Indiana should adopt a single statewide
time zone.
{2} However, there is still disagreement about having two different time
zones in this state.
{3} Thus, this new change made the problem in the state more serious than
before.
{4} Thus, whether or not Indiana should have two time zones is no longer
an issue.


※マーク部分の□や下線部は[ ]で、マル1は{1}で表記しています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
=========================== お知らせ1 ===============================

茨城県水戸市、常陸太田市、東海村の個別指導教室
「AE個別学習室(えまじゅく)」では、生徒募集をしています。

1クラス4人までの少人数で、経験豊富なプロ講師の授業が受けられます。
女性講師も指定可能です。対象は小学生~高校生・浪人生。
1回の授業では、基本的に英語または数学の1教科を集中的に指導します。
1:1の授業をご希望の方への特別コースもご用意しています。

東海村教室では、全国大会経験者による指導が受けられる卓球教室の生徒も
同時募集しています。

興味をお持ちの方は、まずは mm@a-ema.com までお問い合わせください。

家庭教師・塾のサイトと連絡先はここ → http://www.a-ema.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 解答・解説

2013年第3問Cは、文章の空欄に適切な文(の一部)を補う問題でした。
話の流れがわからないと、確信を持って選択肢を選ぶことはできません。

[ 32 ]

まずは空欄がある段落の意味を確認しておきましょう。

 下の地図に示されているインディアナ州は、その[ 32 ]で知られています。
何十年もの間、東時間と中央時間の両方が州内で存在しています。その州の多くの
地域は東時間と中央時間の間を行ったり来たりします。その上、ごく最近まである
場所と他の場所でDSTが異なっていました。東時間のほとんどの地域ではDSTを採用…


(以下略)


(有料版では、解説の続きや語句コーナー、解答一覧も掲載しています)
 http://www.mag2.com/m/0001641009.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
=========================== お知らせ2 ===============================

ブログにて様々な問題を解説しています!

■ センター数学を理由の理由まで解説するブログ
   http://centermath.seesaa.net/

■ センター英語をひとつひとつ解説するブログ
   http://a-emaenglish.seesaa.net/

■ 何でも解説するブログ(塾&家庭教師ブログ)
   http://a-ema.seesaa.net/


紙の書籍、電子書籍もご利用ください。
中学・高校の英語・数学の書籍を出版しています。

★江間淳(えまあつし)の書籍一覧 → http://amzn.to/2lnKZdS

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 全文訳(基本的に直訳ですが、一部意訳しています)

(今回は省略します)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 今回の高校レベルの単語・熟語など

≪第2段落まで≫
vast:"huge"などの類義語。「広大な、巨大な」
time zone:時差に関する言葉。時間の区域→「標準時間帯、タイムゾーン」
in addition:追加の中で→「加えて、さらに」
observe:まず「観察する」を覚えよう。その他に「採用する、適用する」など。

(以下略)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

解説の続きは、本日21時配信予定の

【高校英語】過去問攻略!センター英語
 http://www.mag2.com/m/0001641009.html

に掲載します!
文法セクションはもちろん、第6問の長文まで、翻訳も行っている著者が、
全文訳・語句までイメージ重視&論理的に解説します。
月・水・土配信。\540/月。最初の1ヶ月は無料です。


ブログにもメルマガの記事を分割して掲載しています。

■ センター英語をひとつひとつ解説するブログ
   http://a-emaenglish.seesaa.net/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
------------------------------------------------------------------------
          発行者 江間淳(EMA Atsushi)
 mm@a-ema.com http://www.a-ema.com/k/ https://twitter.com/A_EMA_RYU
------------------------------------------------------------------------
                        無断転載・引用を禁じます。

=========================== お知らせ3 ===============================

5万人以上の利用実績がある勉強アプリ。英語・数学・化学など。
★印のものはGooglePlayでも公開中です。「江間淳」で検索してみてくださいね!

★【高校数学】読むだけでわかる!数学1Aの考え方
 http://pmana.jp/pc/pm586.html

【高校数学】読むだけでわかる!数学2Bの考え方
 http://pmana.jp/pc/pm743.html

【高校数学】読むだけでわかる!数学3の考え方
 http://pmana.jp/pc/pm730.html

★【高校英語】センター試験徹底トレーニング
 http://pmana.jp/pc/pm588.html

★【高校化学】読むだけでわかる!理論・無機・有機化学の考え方
 http://pmana.jp/pc/pm603.html

【高校物理】読むだけでわかる!物理基礎・物理の考え方
 http://pmana.jp/pc/pm729.html

【中学5科】高校入試の重要ポイント
 http://pmana.jp/pc/pm707.html

この記事へのコメント